未分類

シャンプーのしかた

正しくシャンプーを使って髪を洗うことにより、ヘアケアに効果的です。まず、髪をぬらす前にブラッシングを行ないます。これにより、汚れが浮きあがって落ちやすくなります。また、シャンプーをつける前に髪を予洗いします。38℃程度の湯温で、指の腹で頭皮をもみほぐすように洗うと、髪と頭皮の汚れの大部分を取り除くことが可能です。頭皮を十分にぬらしておくことで、このあとのシャンプーの泡立ちがよくなります。

続いて、適量のシャンプーを手や泡立てネットで十分に泡立てます。使用量が多過ぎるとすすぎ残しの原因になるためやめましょう。しっかりと泡立てたあとは、シャンプーを使い、指の腹で頭皮をもみほぐすように洗います。ツメを立ててゴシゴシと頭をかきむしるように洗ったり、髪をこすり合わせて洗ったりするのはダメージの原因になってしまうためやめましょう。

最後に、お湯でシャンプーを洗い流します。すすぎ残しがなくなるまで、3分は行ないたいところです。泡が消えているだけでなく、さわった感じでぬるついていないことを確認しましょう。また、目ではみえにくい耳の後ろ側や、髪の生え際などはすすぎが不十分になりやすいところですので、流し忘れてしまうことがないように気をつけましょう。

未分類

シャンプー選び

シャンプーは高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系に大別されます。どの系統のシャンプーを使用するのかによって、髪のダメージは左右されてしまいます。

まず高級アルコール系シャンプーですが、ほかの2系統に比べて洗浄力は相当に高いです。洗浄力に優れているというのは一見するとヘアケアに効果的と思われがちですが、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、髪の栄養まで奪い取られてしまいます。
次に石けん系シャンプーですが、自然素材で製造されているものが多く、安全なイメージがあって好んで使用している人が多い系統のシャンプーです。しかし、実際には洗浄力が高く髪がきしんでしまう原因になるほか、頭皮に必要な皮脂、髪の栄養まで奪われてしまいやすいという難点もあります。

そして、アミノ酸系シャンプーですが、ほどよい洗浄力があり、頭皮に必要な皮脂や髪の栄養まで落とし過ぎてしまうことがありません。また、髪のうるおいに必要な、保湿成分も含まれています。髪は主にたんぱく質で構成されており、さらにたんぱく質を構成しているのはアミノ酸です。アミノ酸をシャンプーで補うことにより、ダメージ補修シャンプーとして貢献してくれます。以上の理由で、ヘアケアにはアミノ酸系シャンプーがいいということになります。

未分類

間違ったヘアケア

自分の髪の健康にとって必要と思ってやっていることが、逆に髪にダメージを負わせてしまっていることがあります。とくにやってしまっている人が少なくないのが、シャンプーに関することです。以下のような誤ったヘアケアをやってしまっていないか、チェックしてみましょう。

まず、髪の汚れはしっかりと落としたほうがいいということに、間違いはありません。しかし、髪の汚れを落としたいということで、ツメを立ててゴシゴシ洗ったり、髪をこすり合わせたりするようなシャンプー方法は、キューティクルがはがれてしまい、ダメージヘアを助長してしまいます。

また、湯温が高く熱過ぎるシャワーによって、髪を流していないでしょうか。過度に熱いシャワーは、髪を美しく保つための成分や頭皮のうるおい成分を落としてしまう原因になります。そのほか、シャンプーのあとは十分にすすがなければいけません。すすぎが不十分だと残った汚れによって髪がパサパサしたり、かゆくなったりします。フケ、炎症、不快なニオイの原因にもなります。

ほかには、シャンプー自体に問題があるケースもあります。洗浄力があまりに高いシャンプーは汚れだけでなく、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまったり、髪の栄養まで奪ってしまったりします。このサイトでは、シャンプーの選び方や、シャンプーのしかたを解説しています。ヘアケアのしかたを改善し、髪をいたわりたいと思っている人は、ほかのページの内容もぜひご覧になってください。