未分類

間違ったヘアケア

自分の髪の健康にとって必要と思ってやっていることが、逆に髪にダメージを負わせてしまっていることがあります。とくにやってしまっている人が少なくないのが、シャンプーに関することです。以下のような誤ったヘアケアをやってしまっていないか、チェックしてみましょう。

まず、髪の汚れはしっかりと落としたほうがいいということに、間違いはありません。しかし、髪の汚れを落としたいということで、ツメを立ててゴシゴシ洗ったり、髪をこすり合わせたりするようなシャンプー方法は、キューティクルがはがれてしまい、ダメージヘアを助長してしまいます。

また、湯温が高く熱過ぎるシャワーによって、髪を流していないでしょうか。過度に熱いシャワーは、髪を美しく保つための成分や頭皮のうるおい成分を落としてしまう原因になります。そのほか、シャンプーのあとは十分にすすがなければいけません。すすぎが不十分だと残った汚れによって髪がパサパサしたり、かゆくなったりします。フケ、炎症、不快なニオイの原因にもなります。

ほかには、シャンプー自体に問題があるケースもあります。洗浄力があまりに高いシャンプーは汚れだけでなく、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまったり、髪の栄養まで奪ってしまったりします。このサイトでは、シャンプーの選び方や、シャンプーのしかたを解説しています。ヘアケアのしかたを改善し、髪をいたわりたいと思っている人は、ほかのページの内容もぜひご覧になってください。